FSC・環境方針

七洋紙業はFSC認証を取得しています。

FSC®森林認証とは森を守る認証制度です。

責任ある森林管理のマーク 現在世界中で森林の破壊や劣化が大きな問題となっています。
森林が破壊されるとそこに生息する貴重な動植物が失われるだけでなく、ひいては住民の生活環境の悪化の一因にもなりえます。
しかし、木材を初めとする林産物は私たちの生活に不可欠なため、森林をまったく利用しないということはできません。そこで、適切な森林管理が求められています。
森林管理の認証における国際的基準を設けるため、1993年にForest Stewardship Council®(FSC)が設立されました。
この国際基準は、森林管理における環境、社会、経済的影響を考慮した「Principles and Criteria for Forest Management」(森林管理に関する原則と規準)から成り立っています。

FSCの森林認証制度は環境、社会、経済の観点から森林管理が適正に行われているかどうかを第三者機関を通じて審査・認証する制度です。以下の10の原則に基づいて審査が行われます。

FSC®の原則と基準

原則 #1:合法性

法律や国際的な取り決めを守っていること。

原則 #2:労働者の権利

労働者が安心して働ける権利や安全が守られていること。

原則 #3:先住民族の権利

先住民族の伝統的な権利を守ること。

原則 #4:地域社会との関係

地域社会の権利を守り、地域社会と良好な関係を保っていること。

原則 #5:森林からの便益

森林のもたらす多様な恵みを大切に活かして使っていること。

原則 #6:環境

森林の恵みの豊かさを損なうことのないように環境を守り、悪影響を抑えていること。

原則 #7:管理計画

森林管理を適切に計画し、明確な管理方針と目的が示されていること。

原則 #8:モニタリング

森の状態や管理状況を定期的にチェックしていること。

原則 #9:高い保護価値(HCV)

森林の中でも、生態的・社会的・文化的に特に保護すべき価値のある森など(HCV)を把握し、守る方法を持っていること。

原則 #10:管理活動の実施

植林から生育・収穫に至るまでの全ての作業において、環境や社会に悪影響を与えないよう十分注意し、伐採後速やかに森林が復元するよう努めること。

環境保護に係わる指針

当社は、森林資源の保護と環境保全に貢献するため、以下の木材・木材繊維及びそれに由来する製品を使用しない方針であり、またその購入及び供給を回避するため最善の努力を致します。

1.違法伐採された木材

2.伝統的な権利及び市民権を侵害し伐採された木材

3.管理活動により高い保護価値が危機に瀕している森林から伐採された木材

4.人工林(プランテーション)又は非森林用途に転換されつつある森林から伐採された木材

5.遺伝子組み換え樹木が植栽された森林からの木材

七洋紙業株式会社
COC管理責任者
常務取締役 飯田 博彦

ページのトップへ